【ワキガ手術と汗の関係性】手・足・背中・額から汗が増えた理由

ワキガ手術をしたあとに、全身から出る汗が増えたという悩みの声をよく聞きます。

結論から言うと、その汗はワキガ手術との関係性大です。

なぜワキガ手術で汗が増えてしまうのかをまとめていきたいと思います。

ワキガ手術と汗の関係性

ワキガ手術は、ワキガの原因であるアポクリン汗腺を取り除くためのものなのですが、アポクリン汗腺だけを取り除くのは不可能なので、エクリン汗腺や毛穴も一緒に除去してしまいます。

汗が出るエクリン汗腺を取り除いたことにより、ワキの汗が少なることはあるのですが、【代償性発汗】という言葉をご存知でしょうか?

代償性発汗とは

代償性発汗とは、汗の手術をした時に起こることが多いのですが、例えば手汗がひどくて悩んでいる人は手から汗を出るのを止める手術をします。

そうすると、手から汗は出なくなるのですが、行き場を無くした汗は体のほかの部分から出ることになるのです。

全身に均等にいきわたってくれればいいのですが、足から大量に出たり太ももから大量に出る場合もあります。

手術をするほど悩んでいた手の汗が、本来出るはずだった部分の汗とプラスされて出てくるので、とても困りものなのです。

代償性発汗の対処法

代償性発汗の対処法としては、ケア用品や手術をするしか方法はありません。

しかしワキガ手術をした時と同様に、汗の多い箇所の手術をしても、違う場所で代償性発汗が起こる可能性があります。

ワキガの手術について

ワキガ手術には、ニオイが抑えられるというメリットもありますがデメリットもあります。

優秀なドクターを選べば減らせるデメリットもありますが、実際手術をしてみないと分からないというデメリットがあることもウソではありません。

ワキガ手術をするときは、デメリットも理解したうえでのぞむようにしましょう。