ワキガの治療【非直視下手術】とは!?

ワキガの手術は、【直視下手術法】と【非直視下手術】の2種類があります。

【直視下手術法】はドクターが直接患部を見てアポクリン汗腺を取り除く方法、【非直視下手術】はドクターが患部ではなく、患部が映った機械を見ながら手術を行う方法です。

ここでは、【非直視下手術】の種類と手術方法をご紹介していきたいと思います。

参考:医者が機械を見ながら手術を行う『非直視下手術法』

皮下組織掻爬(そうは)法

皮下組織掻爬は、スプーン状の鋭匙(えいひ)と呼ばれる刃物を、切開口に入れてアポクリン腺をかき出す手術方法です。

ただ、アポクリン汗腺をすべて除去できるかどうか確実性がない為、現在ではこの手術方法を行っている医院はあまりありません。

皮下組織削除法

掻爬法と同じようにアポクリン腺をかき出す手術手法ですが、鋭匙の代わりに別の機器を使用します。

この機器は、ひげそり刃と皮膚を圧迫するローラーを組み合わせたような形をしています。

皮下組織削除法の問題点は、熟練したドクターでないと機器の操作が難しいということです。

手術に不慣れなドクターが執刀すると、皮膚が裂けたり。皮下の神経組織を傷つける恐れがあります。

皮下組織吸引法(超音波法)

皮下組織吸引法はクリニックの脂肪吸引と仕組みが同じです。

おなかの脂肪を吸い出す脂肪吸引と同じように、吸引器がアポクリン腺を吸い出します。

デメリットとしては、アポクリン汗腺がすべて除去されたかどうか判定ができないということです。

この方法では腺根が残っている可能性が高いと言われています。

アポクリン汗腺は、腺根が残っていると再発する可能性が非常に高く、手術をしたのニオイが収まらなかったり、一時的に良くなっても再発する可能性も否定できません。

【非直視下手術】のまとめ

自分がどんなことを一番改善したいのかで治療方法が変わってきます。。

確実性の高いもの、傷跡が残りにくいもの、値段、リスクなど様々なことを考えてリスクを理解したうえで手術方法を選ぶようにしましょう。