未成年のワキガ手術は可能なのか?

未成年でもワキガ臭で悩んでいる人はいます。

ここでは、ワキガや家族と向き合って「手術をしよう」と思ったときに覚えておいてもらいたいことをまとめました。

ワキガはいつから臭う?

ワキガはアポクリン汗腺が原因で起りますが、赤ちゃんや子供でワキガの人はいません。

これは、アポクリン汗腺が休止している状態だからです。

アポクリン汗腺が活発化してくるのは、だいたい早くて小学生、平均的には中学生くらいの思春期の頃です。

部活などで頑張っている子は、「汗臭い」なのか「ワキガ」なのかはっきりわからないかもしれませんが、その臭いが原因で嫌煙される子がいるのも事実です。

ワキガの手術は何歳からできる?

クリニックにもよりますが、両親の承諾があればワキガの手術に年齢は関係ありません。

しかし、あまりに低学年の場合、手術の決断は両親が行うと思いますが、クリニックではリスクや再発の可能性も考えて、あまりお勧めはしていません。

どうしても手術がしたいという場合にはボトックス注射が進められることが多いようです。

未成年のワキガ手術には再発のリスク

ワキガの手術は「アポクリン汗腺を除去」する方法なのですが、アポクリン汗腺は全て根本からとらないと再発することがあります。

たとえしっかりとアポクリン汗腺を除去したとしても、未成年の場合は成長するにつれて新しいアポクリン汗腺がつくられる可能性がとても高く、若くして手術する人は高い確率で再発します。

様々なリスクが存在する

ワキガ手術をするときはさまざまリスクを承知の上行うのが理想的です。

ワキガ手術をする本人がリスクを理解して手術に同意するのが良いので、自分の意志で判断できるようになってからワキガの手術を検討した方が良いでしょう。

デオドラントなどでケアをすることからはじめてみてくださいね。